若ハゲ対策!AGAを改善しよう!

若ハゲにせよ、それ以外のハゲにせよ男性型脱毛症が大きな原因となっています。

特に若ハゲに関しては、それ以外の要素は少ないため、原因のほとんどは男性型脱毛症と考えて間違いないでしょう。

つまり、若ハゲを対策するには男性型脱毛症の治療を施す事が一番適切であると言う事になります。

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンが起因です。

つまりジヒドロテストステロンを抑制すれば良い訳ですが、現在ジヒドロテストステロンに直接的な影響を及ぼす解決策は存在しません。

ですが、発想を少し変えれば男性型脱毛症の治療は可能です。

ジヒドロテストステロンをどうにも出来ないなら、ジヒドロテストステロンを生成させなければ済むのです。

つまり、生成以前の段階で止めてしまうと言う事です。

この方策は現在有効であるとされるものがあり、男性ホルモンを抑制するか、5aリダクターゼの働きを阻害する方法があります。

男性ホルモンの抑制にはプロペシアと言う服用薬が有効です。

5aリダクターゼの働きを阻害するのはフィナステリドです。

この段階で抑制が可能であれば、必然としてジヒドロテストステロンが生成されず、ハゲに起因する物質は無くなる訳です。

現状、専門医の受信に行けば必ずと言っていいほど、プロペシアが処方されます。

フィナステリドの場合もありますが、現在ではまだ少数派と言えます。

プロペシアは元々前立腺肥大などの治療薬として開発されました。

その効能の内、男性ホルモンを抑制する効能があり、男性型脱毛症においても威力を発揮する訳です。

もちろん、フィナステリドにも効果はありますが、使用の歴史と実勢の上で、プロペシアが処方されるのが圧倒的と言えます。

当然の事ながら、薬品ですので効き目にせよ、副作用にせよ、個々人との相性がありますので、効果が無い人、副作用が出ない人なども存在するでしょう。

薬品は常に100%の確率でその効能を発揮するものではありません。

ですが、臨床研究データではプロペシアの効果は実に90%を超えます。

副作用の報告も10%以下で、極めて稀な発症率であまり心配し過ぎる必要はありません。

専門医の指導の下、服用を行う場合、副作用の兆候が少しでも見られるようなら服用を即刻中止すれば大事には至らないと言えます。

ですが、デメリットとして男性型脱毛症の治療薬は恒久的に使用の継続が求められます。

中止すると必ずリバウンドがありますので、使用を辞める事は出来ません。

つまり、費用の面ではかなり考慮しなければならないと言う事になります。

 

若ハゲは何故起きる?AGAとは何?

最近何故か髪の毛が抜ける。

髪の毛が何となく細くなってきた。

人にちょっと薄くなってきたのではと言われた。

そう言う事は、年齢に限らずに起こり得ることです。

ハゲは加齢と共にやってくる場合もあります。

ですが、加齢だけがハゲの原因ではありません。

若い人にもハゲは訪れます。

若い人が薄毛抜毛に悩むなんて事は現代では特段珍しい事ではないのです。

ハゲの原因はこれまで遺伝のみが疑われてきましたし、それが理由としてスタンダードなものでした。

ですが、研究が進み、現在では遺伝は無縁ではないにしても、それ以上にハゲの原因としてクローズアップされている事があるのです。

それがAGAと呼ばれる男性型脱毛症と言うものです。

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略語で、男性型脱毛症の英語表記です。

よってAGAと男性型脱毛症は同じものを表しています。

このAGAや男性型脱毛症と言う言葉自体は最近良く見聞きする様になった事と思います。

育毛剤や植毛などのCMや広告で頻繁に使用される様になったからです。

つまり、それだけ男性型脱毛症がハゲの最も大きな原因で、これを解決する事とこそがハゲを解決する道筋であると業界内では信じられている証左と言えます。

遺伝は遺伝子工学などに通じるものですから、中々簡単にはそのメカニズムも解明されないばかりか、当然解決策も見出せませんでした。

ですが、男性型脱毛症がハゲの原因の大きな位置を占めるとしたなら、これを治療する手立ては存在し、治す事が可能なのです。

男性型脱毛症の特徴は前頭部、つまり生際や頭頂部からハゲが始まると言うところにあります。

しかし、この部分以外からハゲるケースと言うのはほとんど聞いた事がなく、その事から判るように、ハゲが男性型脱毛症に由来するケースがほとんどである事を証明しています。

ハゲの原因として、ある程度の年齢の人は男性型脱毛症のみではなく、加齢が関わってくる場合がありますが、若い人の場合は、男性型脱毛症以外に考えられる原因はヘアケア不足だけです。

その為、若ハゲは男性型脱毛症に由来するものであると断言しても過言ではない訳です。

その観点から考えれば若ハゲは男性型脱毛症の治療と、ヘアケアをシッカリ施せば、治っていく可能性が充分見出せるものであると言う事が言えるのです。

ですので、若い内からハゲてきたと嘆く必要はありません。

効果は個々人で様々ではあるものの、少なくとも遺伝の様な手を出せない事が原因ではなく、治療を出来る可能性があるものが原因であるのです。